思考の補助線

徒然なるままに、思ったことを書き留めます。

引っ越してきました。

ブログを引っ越すことにしました。

(もとは Apollo-12 から)

 

 

ブログのタイトルはあらため、

Apollo 12.5

です。

 

なぜ「アポロなのか」については前のブログでも触れましたが、

( ブログのタイトルを変えました。|Apollo-12 )

 

学生の頃から続いていたブログをアップデートしたい気持ちとか、

アポロ13号のもっていた壮大なドラマ性も描けるようになりたいとか、

単純にアメブロが...という前々からのおもいとか、

まぁ色々あって。

 

 

Apollo 12.5。

広告やコミュニケーションの考え方、事例を起点にしつつ、

まちに住む人たちのしあわせを見つめながら、

「懐かしい未来」を目指して。

 

この「懐かしい未来」という考え方を

ひとつのキーワードにしたい、と思っています。

 

懐かしい、という抱きしめたくなるような感覚の裏側にある、

人間としての本質的な価値。世代を問わない普遍性。原体験の強さ。

 

今後、ますます技術が発展していったとして、

ではかつて、漫画や映画の中で描かれていたような無機質な未来がやってくるのかというと、多分それは、やってこない。

 

もっと体温が必要で、子どもから老人まで、

ありとあらゆる世代が直観的に受け入れる「何か」が必要だ、と思うのです。

そしてそのヒントは、「懐かしさ」にきっと、ある気がするのです。

 

そこに、今までにない(もしくは既にある)

楽しさや喜びを実現する表現や技術と、融合する。共存させていく。

 

そんなチャレンジの一助になる思考実験を

ここでできれば、と思います。

 

そしていつか、

12号のもつ、普通さや愛くるしさや人情味と

13号のもつ、壮大なドラマや大きな感動の

いいところ同士を足して2で割ったような、

そんな素敵な何かを実際に描ければ、と思います。

 

 

最後の部分は、かなり生意気でした。

言っていることとはほど遠いものを書き連ねるかもしれませんが、

どうかご覧頂く方のお口に合えば幸いです。

 

これから宜しくお願い致します。